ステンレスの機械的性質、用途及び説明をUPしました。

e-metas.netの商品特集にステンレスの機械的性質、用途及び説明をUPしました。
ぜひご覧になってください。

分類 材質 形状
(E-Metals取扱)
用途 説明
オーステナイト系 SUS301 板材 ばね、機械構造用など SUS304よりCr、Ni量が若干少ないので加工硬化性が大きいです。
SUS303 板材 自動盤用、ボルト、ナット等 被削性、耐熱性に優れており、自動盤用として最適です。
丸棒
六角形
SUS304 丸棒 耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。 ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
板材
六角形
ワイヤー
丸パイプ
角材
フラットバー
SUS304L 丸棒 耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。 ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
板材
六角形
ワイヤー
丸パイプ
角材
フラットバー
SUS310 丸棒 耐熱鋼としてよく使われます ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
丸パイプ
SUS316 丸棒 海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等 ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
六角形
板材
丸パイプ
SUS316L 丸棒 耐孔食性が必要な部品,耐食性 18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
六角形
板材
丸パイプ
SUS321 丸棒 耐粒界腐食性としてよく使われます 18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
板材
SUS347 丸棒 耐粒界腐食性としてよく使われます 18Cr-9Ni-Nb型の材料で、SUS304にNbを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。
オーステナイト・フェライト系 SUS329J4L 丸棒 海水熱交換器,製塩プラント等 25Cr-6Ni-3Mo-N-低C型の組成を持ったステンレス鋼材で、海水など高濃度塩化物環境において優れた耐孔食性、耐SCC性(耐応力腐食割れ性)があります。海水熱交換器、製塩プラントなどに使われます。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
板材
フェライト系(18Cr系) SUS403 丸棒 タービンブレード,高応力部品等 13Cr-低Siの組成を持ち、タービンブレードや高応力部品に適した耐熱鋼の一つです。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS420J2 丸棒 バルブなどに,刃物やノズル,弁座 焼入れ後の硬さが高いステンレス鋼で、刃物やノズル、弁座、バルブ等によく使われます。
SUS430 丸棒 家庭用器具,家電部品,建築内装用,厨房機器等 ロムの組成比から18Crステンレス(18クロムステンレス)とも呼ばれます。耐食性に優れた汎用のステンレス鋼材です。建築内装用、家庭用器具、家電部品、厨房機器などに使われます。磁性があります。ただ他の鋼種に比べるとやや耐食性、加工性には劣る部分があります。13クロムステンレスに比べると、耐食性、耐熱性には優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
析出硬化系 SUS630 丸棒 シャフト類,タービン部品等 17Cr-4Ni-4Cu-Nbの組成を持つ鋼材で、Cuを添加することで、析出硬化性を持たせたステンレス鋼材です。シャフト類やタービン部品として使われます。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。

 

 

logo

金属材料のネット通販ならE-Metalsにお任せ下さい!